自社のブランドを支えるものについて

ブランドは目に見えるけど、意識すると

ブランドと聞いて、どんな物を思い浮かべますか?

  • 高級なブランド品でしょうか?
  • 高級車でしょうか?
  • ロゴがついている商品でしょうか?

これらが思い浮かべば、基本的なブランドの認識は間違っていないと思います。

ただ、これら以外にもたくさんのブランドがあります。例えば「ダイソー(100円均一)」「有田焼(焼き物全般)」「びっくりドンキー(ハンバーグ屋さん)」などもブランドです。

では、ブランドとは?何を持ってブランドというのでしょう?


ブランドの定義

早速答えをお伝えしますが、ブランドの定義は約束を交わすことです。

つまり「対象のお客様」「商品に関わる人達」「自社に関わる人達」との約束のことを言います。その約束というのは質に対する約束のことを言います。一見、価格を約束することにも通じているように感じますが、ブランドにおいてはその考えは全く違います。

たとえ、100円均一に行っても100円に見合わないと感じたものは買いませんし、必要のないものを大量に買うことだってないはずです。

つまりすべての人は、生活の質、仕事の質が上がるものにしかお金も時間も投下しません。ですから、ブランドをつくる際には、お金よりも質に焦点が当たっていな場合は、ブランドづくりとしては失敗です。


失敗しないブランドづくりにおける約束事

ブランドづくりにおいて最も大事な約束とは、自社の誇りを決めることです。

つまり商品であれば、品質の保証は絶対落としてはならない約束事でしょう。サービスであれば、心意気やおもてなしに値するかもしれません。

そのために、自社は何をやるのか?何をやり続けるのか?を明確にすることがブランドづくり(つまりブランディング)には必要なことなのです。


企業の本質が決まるとラクになる

自社の誇りとしてやるべきことを決める。それがブランドの本質です。仕事量でも価格でもありません。

ただ、本質が決まれば、様々なことがラクになります。ラクになるとは、選択がしやすくなるという意味です。必ずしも作業がラクになるとは限りません。

「精密な金属加工を誇りにする」ならば、どのような精密さを伝えるべきか、どのように伝えていくべきか、が重要になりますから、その世界観を誰にどのように伝えていくべきか。それを表現していくことがブランディングになります。

「お客様の要望を聞く事が誇り」ならば、お客様と徹底的に向き合える環境を作ったり、要望を聞き出す手段をつくるなど、やるべきことや取り組まなくてはならない課題が明確になります。その結果、どのようにお客様をお迎えし、どのようにお客様と向き合うか。を伝えていくことがブランディングになります。

このように、やるべきことが決まることで、仕事はどんどん広く深くなります。つまり、どんな知識を得てどのように深めていくのか?どのような知識を取り込んで技術の幅を広げるのか?を明確に指し示していくことができるのが、ブランドの本質を決めるということになります。


やらないことを決める

やることが決まればやらないことも決まります。ビジネスを進める際、やらないことを決めることは、やることを決めるのと同じくらい大事なことだという有名な経営者の方もいます。

やらないことを決めるのが難しいのはなぜか?というと、目の前にそこそこ欲しいものがあっても、大きな目標のためにその欲しいものを無視して1歩を踏み出さなくてはいけないのですから、とても勇気がいることだから難しいということです。

つまり、ビジネスを進める上で寄り道をなくしましょう!というのが、初期段階のブランディングには重要です。


第3者目線も入れて

客観的な目線は、素人目線のこともあります。ですが、まだ見ぬ知識や知らない価値を伝えるためには、素人目線が大事な場面もあります。なぜなら、それがターゲット像を広げることにつながるからです。

とても便利なものなのに、その良さが伝わっていない商品が生まれてしまう理由は、お客様に正しく価値が伝えられていないことに原因があります。つまりお客様に対して、生活(仕事)をより良くする方法(価値)を正しく伝えられていなくては買っていただけません。

商品を売る方法は、お客様に価値を感じていただくことが大事です。

サブファイでは、御社のブランドをサポートする上で、価値の伝え方も学んでいただくなど、社員教育も視野に入れたブランディングスケジュールをご用意させていただいております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA