0 0
Read Time:30 Second

しっかり説明したら絶対に良い商品なのに、なかなかお客様に伝わっていないと思う。

みんなからは「いい商品ですね。」って言われるけど、なかなか購入してもらえないのはなぜだろう?

  • 高いから?
  • 逆に安すぎなのかな?
  • 説明不足かな?
  • わかりづらいのかな?
  • 販売方法が悪いのかな?
  • 有名メーカーじゃないから?
  • チラシとかパンフレットが悪いのかな?
  • おしゃれじゃないから?

とってもこだわりもあって自信ある商品なのに!

もっとお客様に商品の良さをしっかり知ってもらって、もっとお客様に使ってもらいたい。


このような中小企業は多いでしょう。ですが、安心してください。

なぜなら、商品の良さが伝わらないのは、商品の良さが伝わる場所に、お客様を呼び込めていないことが原因だからです。

商品の良さの伝え方。ファーストアクション

商品の良さを伝えるには、3つの角度から考える必要があります。

  1. 商品の特性を活かす
  2. お客様視点で伝える
  3. お客様を巻き込む
    1. ただ、この3つに共通点は、お客様と商品の接点を考え抜いた戦略を考える方法です。

ですが、新商品を販売する場合は、そんなに簡単ではありません。

    そんな場合は、まずはお客様を囲い込むことを考えましょう。
    商品のターゲットとなるお客様が、どんなことに興味があるか?を考えてみると、意外と早く囲い込む方法が見つかります。
    お客様の囲い込み方を見つけたら、その後はLINE公式アカウントに友だち登録してもらうだけ。たったそれだけで、囲い込みは、ほぼほぼ完了します。

商品の良さの伝え方。セカンドアクション

お客様にとって良い情報とは、なぜその商品を購入すると良いのか?という、シンプルなことを伝えるだけで良いのです。

そのためには、シーンやシチュエーションに合わせて、商品が使われている状況を伝えていくことが大切と言われています。

ただ、それでもなかなか伝わりにくい商品もありますよね。

そんな商品を扱う時には、メルマガなどの定期配信やブログ(SNS)や動画を使って、丁寧に伝える必要があると思います。

ただ…現代には、どんな商品にも競合商品が存在していますし、WEBなどで簡単に買える環境もあります。また、100円均一のように安くて良い商品も多くありますから、お客様は選び放題です。

ですが、そういったお客様も、商品を選ぶ権利は平等にありますので、しっかり吟味できる商品においては、しっかり良さを伝えて、購入候補にしてもらうことは企業努力ではないかと思います。

そういった努力も、見込み客やお客様にLINEで友だちになってもらえたら、伝えやすい環境が整います。

ぜひ、LINE公式アカウントを活用して、ビジネスを活性化しましょう!


LINEをフル活用!!専門家がホンキで教えるLINE設定と活用法
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
https://www.street-academy.com/myclass/106158?conversion_name=direct_message&tracking_code=ab563cd5926ee3891250b7ef260fb5fd
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
subphy
subphy@gmail.com

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です