より良いアイデアの出し方と情報整理の方法 *企画書資料付き

日本人は、企画やアイデアを出すことが苦手な人種

とある有名な方のユーチューブを聞いていたら

「日本人はアイデアを出すのが苦手な人種なんですよ。」

と言っていました。

一瞬、「そうなの!?」と思いましたが、

これまで様々な中小企業や起業家の仕事をしてきて、

私にも思い当たることがあったため、「本当かもしれない。」と思い直しました。

 

特に、

『経営者や責任者の悩み相談』や『デザイン制作の場面』に関しても、

その現実を拝見する場面はとても多いように感じています。

 

アイデアが出ない理由は、

  • ビジネスは複雑だから?
  • デザインを勉強したことがないから?

と感じることもありますが、基本的には性格的な問題が大きいかもしれません。

  1. 正解を求める
  2. 情報不足(リアルな分析、解析ができていない)

この2つが大きな理由でしょう。

幼い頃から、点数を取るために覚えることに時間を使っているのですから、

本質的な問題は、教育方法に潜んでいるように思います。

 

ですが、アイデアがなくて不安になってしまった時、

その不安に打ち勝つための、視点と考え方があります。

それらを知ると、必ず良いアイデアは浮かびますし、

アイデアをより深く練ることで、より良い解決方法を導き出すことができます。

 

そこで、今後のあなたの成長のため、将来のために、

ぜひ取り組んで欲しいことを書いておきたいと思います。


ビジネスにも人生にも正解はない

正解を求めてしまうのは誰でも同じです。

失敗したら怖いですから。私もあなたと同じです。

ですが、ビジネスにも人生に共通していることは、正解は存在しません。

デザインにも正解はありません。

 

正解がないものを進める時には、思い切って選択する。その方法しか道はありません。

確実なものを待っていたら、出遅れて意味のないものになるか、

もしくは、何もしないうちに死んでしまいます。

そうならないためにも、

  • 決める!という意思を持つこと
  • 行動してみること

この2つをやってもらいたいと思います。

 

決める時に大事なことは?

決める時に必要なことは『仮説を立てる』です。

真似るという手もありますが、

育ちも価値観が違う人と同じことはできませんから、

『真似るための情報』を仕入れることしかできません。

 

何かを始めよう!と決めるのは勇気が要ります。

ですが、ビジネスに限っては、お客様視点で考えることができます。

また、お客様視点の仮説と予測は、大きく外れません。

なぜなら、

  • お客様の心理と行動は、そんなに大きく変化しない
  • 突然始めたものが成功する可能性はとても低い

からです。

 

ビジネス点数のつけ方

あんなにビジネスマンとして優秀なホリエモンでさえ、

これまでのビジネスで失敗を経験しています。

 

それは、ビジネスの点数を総合点として考えているからではないでしょうか?

とあるビジネスの成功者が言っていた言葉があります。

「成功するまでやるから成功した!」

と言っていました。

これがビジネスにおいての正解の答えだと思います。

 

あなたが必要だと思ったから始めたことなら、

利用方法や伝え方、効率化など、お客様に合わせて変化させることができれば、

利用者は絶対存在するはずです。

 

なので何度でもチャレンジすることは大事なことだと思います。

そのために、ある程度の仮説を立てて、何かを始めてもらいたいと思います。


相対的な判断

仮説が立てられない。という方もいらっしゃるかもしれませんが、

仮説が立てられない多くの理由は、情報不足によるものです。

ですから、とにかくやりたいこと、やってみたいことに対する情報を仕入れましょう。

そして、違う分野の情報とミックスさせる方法を考えてみると、仮設を立てる訓練ができます。

 

より良い選択ができない理由は、相対的な判断ができないから。

リアルな分析に対して、シンプルな解答まで辿り着けていないだけです。

物事を複雑に考えすぎたり、感情に振り回されて客観性を失ってしまうと、

シンプルな解答に辿り着けない場合もあります。(バランスは大事ですが。)

 

結果的に、

  • 声が大きい        (単純に声の大きい人)
  • 会話が上手        (会話スピードが早い)
  • 付き合いが長い人の意見  (専門でやってきた。という人の意見を絶対だと思い込む)
  • キャリアに対するプライド (過去の経験に頼りすぎて新人や素人の意見を真摯に聞けない)

これらのものに引きずられて、結果に結びつかない。

そんな行動を取ってしまうこともあります。

 

正しい判断の仮説を立てるためにも、

あなたが正しいと思っていることに重きを置いて

情報を収集することから始めてみてください

A4企画書 *特別資料添付

少し関係のないことかもしれませんが、

あなたに、ビジネスの情報整理が上手になってもらいたいと思って、

『A4サイズの企画書』を2種類ご用意しました。

 

この企画書に、あなたのビジネスを上手くまとめられるようになったら、

きっとその企画は、成功という軌道に乗る可能性があります。

ぜひ取り組んでみてください。

[社内用、社外用の2種類です] *書き込み事例も用意しています。

 

社外企画書 →  A4企画書1:社外企画書 (10 ダウンロード)
社内企画書 →  A4企画書2:社内企画書 (10 ダウンロード)
企画書事例 →  A4企画書:デザインスタジオ事例 (9 ダウンロード)  *この企画は、実際に運営しております。 ← クリック

 


サブファイでは、デザインに対するご質問やビジネスに関するご質問にもお答えしております。

お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です