ブランディングの順番と本質

サブファイ ブランディング パートナーの神田です。

私がデザイナーとして起業をした際、東海地区のトップコンサルタントから、マーケティングとブランディングについて約1年間学ばせていただき、その現場に立ち会ってきました。

現在も、その時に得た知識や経験に加え、新たな技術(ユーザー目線のライティング技術など)を使いながら経営者の抱える様々な悩みを解決しています。そして現在でも、見た目のデザイン制作を始め、イメージ戦略、顧客開拓、マネジメントに至るまでの相談を行なっています。

それらの経験から、私が起業当時から課題としていた『ビジネスとデザインの関係』を導き出してきました。抽象的な表現は多くなりますが、ブランディングにおいて最も大事なことをお伝えできればと思います。


ブランディングの本質と基準

サブファイが提唱しているブランディングの基準をお伝えします。

  1. 想い
  2. 行動
  3. ビジュアル

この3つの順番です。この基準は、人の行動心理に基づいた順番です。企業の発展には、その企業(商品)に関わるすべての人々の行動が欠かせません。

ブランディングと聞くと、ビジュアル(見た目のデザイン)をどうつくるか?何をつくるか?に目線がいきがちです。でもビジュアルを『どのようにつくっていくか?』というプロセスの組み立てや仕組みづくりにブランディングの本質があります。

そのプロセスをないがしろにし、お客様に対する見た目のデザインを作ることばかりにしか意識のない企業は、これまで関わったすべての企業で成功事例を見たことがありません。つまり、この3つが伴っていない企業は必ず失敗します。

シンプルな構造ですが、この3つのプロセスに伴ったブランディングを行うことで、より長い発展とよりお客様に伝わる販売促進(デザイン)を行なっていくことができるようになります。


ブランディングの軸は『想い(熱意)』

人は、誰かの熱意(自分の熱意も含む)によって動かされます。つまり会社は、経営者の想い(熱意)が、理念となって動き始めると言えます。つまり熱意とは『会社の魂』と言っても間違いはないでしょう。

これがブランディングの核でありブランディングの本質です。この核はビジネスの軸です。

ビジネスを行う理由や役割は、この核によって決まります。この核がない企業は、お客様に対する役割も明確にならず、『今だけ・・金だけ・・自分だけ・・』の選択をしてしまうことになり、お客様からの信頼を得ることができなくなります。


ブランディングの鍵は『行動』

マネジメント領域の話ですが、『想い』が行動(スタッフや協力会社)に届かなくては売上げは上がりません。

ビジュアルによる顧客誘導を行ない、たとえ瞬間的に売れたとしても継続、発展を支えるのは人々の行動です。どれほど素敵なチラシを作っても、倉庫に眠らせていては売れるわけがありません。どれほど素晴らしいデザインのホームページが作れても、誰にも見てもらえなくては、営業につながるはずがありません。

つまり、お客様の心を動かすのは人の行動が一番で、一番影響力があって持続力があるということです。歯車を噛み合わせて熱意(想い)に沿った行動をすること。これが『行動』で大事なことです。さらに踏み込んでお答えするなら、すべてはお客様(ユーザー)のための行動でなくては、ブランディングとは言えません。

  • お客様のための情報収集
  • お客様のための開発・研究
  • お客様のためのデザイン
  • お客様のための改善・改良
  • お客様のための販売接客
  • お客様のための検証結果

『熱意(想い)』に沿った行動ができることで、商品価値の創造、商品の売上げ、企業の成長 など、ビジネスの発展・継続に繋がります。


ブランディングの指標は『ビジュアル』

経営者のお客様に対する『想い』がすべての『行動』と繋がってカタチづくらるものが『ビジュアル』です。つまり「見た目のデザイン」のことです。

お客様目線でないビジュアルは、お客様に伝わりません。

真っ白なキャンパスの中に「企業としてどのような絵を描くか?」というアート目線ではなく、「お客様が必要としている絵を、企業としてどのように描くか?」というデザイン目線がビジュアルで最も大事な考え方。

自社(自分)のことを語るだけ、自社(自分)を認めて欲しい。という思いが強いだけでは、商品は決して売れません。つまりお客様のための想いを語れない。お客様のために行動できない。そんな企業が、どんなに美しいビジュアルを作ってもお客様に買っていただくことはできません。


サブファイ流の思考の原点

これまで大企業での経験を始め、起業家から抽象零細企業まで、延べ100社以上の企業サポートを続けてきました。ブランディングの原点は、それらの経験から得られたものがベースです。

経験による分析結果ですが、本記事内に書いているブランディングの基準に沿って組織づくりができれば、永遠に続く企業づくりも夢ではないと確信しています。

経営者の悩みや企業の問題・課題の解決、販売促進計画のコンサルティングやデザイン、スタッフに対する様々なセミナー・ワークショップ・ファシリテーションなどを通じて、経営者の想いを伝えるサポートがサブファイの役割だと考えています。

素敵な企業がよりよく成長し、将来の子どもたちのために、より良い社会環境づくりに貢献できること。それがサブファイの想いです。

貴社の想いをお聞かせいただいた上で、ブランディング構築のサポートをさせていただいております。お気軽にご相談ください。

 

サブファイ 神田


[補足]サブファイ ブランディング パートナーの由来

subphyとは英単語の組み合わせによる造語です。

substantial

  1. ⦅かたく⦆〖通例名詞の前で〗(数量規模などが)かなりの, 相当な; (満足できる程)十分な; (実際に)重大な, 価値のある
  2. ⦅かたく⦆〖通例名詞の前で〗(大きくて)しっかりとした, 丈夫な, 頑丈な〈建築物家具など〉.
  3. ⦅かたく⦆〈人などが〉裕福な, (資力があり)影響力を持つ.
  4. 名詞の前で〗本質的な, 実質上の
  5. 実体のある, 実在の.

physiognomy

  • C⦅かたく⦆人相, 顔つき, 面相, 顔(→face).
  • U人相学, 観相術.
  • U(土地などの)外形, 地形, 地勢; (事物の)外観.

この2つの英語の頭文字を組み合わせた言葉です。

これらの言葉に、私の目標「すべての企業、すべての人たちのブランディングをサポートする。互いの目的を叶えるための関係を結ぶ。」という想いを加え社名としました。

subphy branding partner (サブファイ ブランディング パートナー)

読みにくいし、覚えにくいし、発しにくい言葉なのですが、私の想いと行動の基準が詰まった名称だと思っています。日本には『名は体を表す』『言霊』と言う言葉もありますから、ぜひ成し遂げたいと思っています。

※勝手なこだわりですが、、、2012.12.12に『ロゴ&デザイン事務所 サブファイ(2010.10.20前登記日)』という名称から、現在の名称『サブファイ ブランディング パートナー』に改名しました。理由は、なんと!!2012年12月12日は、21世紀中に[年、月、日]が最大数で揃う唯一の日なんです。バカ親ですみません^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA