ブランディングの本質と私の仕事

サブファイ ブランディング パートナーの神田です。

MBAや中小企業診断士など、
資格を持っていないデザイナーの私が、
ブランディングを語るのは、おこがましい話かもしれません。

 

ただ、私がデザイナーとして起業をした直後、ビジネスの右も左も分からない頃に、
マーケティングとブランディングの権威あるコンサルタントの方から、
約1年ほどの期間、直接学べる機会をいただくことができました。

その期間中に、コンサルティングの現場や経営者の悩みを聞く中で、
少しづつではありますが、私なりの見解を導き出す努力を続けてきました。

そして、販促物のデザインを生業にする傍らで、
様々な職種の経営者の相談を受け、これまでにも様々な
より良いビジネスの在り方と広告デザインの制作に、奔走してきました。

その中で私が出した結論をお伝えできればと幸いに思います。


ブランディングの順番

企業のブランディングには、基本となる順番があります。

  1. 想い
  2. 行動
  3. ビジュアル

です。

この順番を間違えると、
デザインもマーケティングもブランディングも失敗してしまいます。

これまで関わってきたすべての企業を客観的に判断した結果、
この順番がカタチになっていない企業は、必ず失敗しています。


ブランディングの本質

最初は想いです。

人は、誰かの熱意(自分の熱意も含む)によって動かされます。

つまり会社は、経営者の想いが、理念となって動き始めます。
会社の魂と言っても間違いはないでしょう。

それが本心であるほど、その想いを共感してもらえますし、
スタッフや協力会社から応援していただけるようになります。

*ただし、本人が理念を裏切るような行動をすると崩壊します。

これがブランディングの核であり、ブランディングの本質です。

 

ただ、その想いは味方の行動(スタッフや協力会社)に届かなくては意味がありません。

想いが伝わることで周りが動く。すべてが動く。

それが、想いの次の行動です。

現実社会では、すべてが行動中心にブランディングが進行します。

 

  • お客様のための情報収集
  • お客様のための開発・研究
  • お客様のためのデザイン
  • お客様のための改善・改良
  • お客様のための販売接客
  • お客様のための検証結果

これらすべては、お客様のための行動です。

お客様のための行動が、現実社会を渡るための鍵を握っています。

 

そして、最後に残るのがビジュアルです。

 

企業の想いがすべての行動と繋がって、カタチづくられたもの。

これがビジュアルです。つまり、

お客様のために基づいていないビジュアルは、
お客様の心に届きませんし、お客様の行動を促すものにはなりません。

ただ、、ビジュアルは、最初は真っ白なキャンパスです。

中にはどんな絵でも描くことができます。

ですが、想いに沿った行動ができていないと、その想いはエゴとして伝わってしまいます。

お客様のために想いを語れない行動は、お客様に響かないし届くことはありません。

 

この順番が、ブランディングする上で最も基本の順番です。

そして、行動こそがブランディングの鍵(本質)を握っています。

デザインされたものは、それ(熱意と行動)を表している単なる形でしかありません。

あなたの商品、あなたの企業は、この順番で戦略が練られていますでしょうか?


私の仕事

ここで、私の仕事について少し話をさせていただきたいと思います。

幼少の頃の私は、心も幼く弱かったため、
自分の意思や意見を伝えることができない子どもでした。

ただ、今思えば少しだけ変わった性格をしていて、
いじめられっ子も、いじめっ子も、頭の良い子も、不良の子も、
不登校の子も、知能が足りない子も、、
すべての子が気になるし、

親の友達が家にたくさん来て(母親のおばちゃん友達)も、
平然とその場に座って、お菓子を食べながら、旦那の愚痴や悩みなどの話を聞いて、
ただただ「ヘぇ〜。」と聞いているだけの子どもでした。

俗に言う八方美人という性格なのかもしれません。

ただ、父親は家族に対しては、とてもわがままで、
少し気性の荒い人だったため、母親がビクビクしているのを見て
自分も父親が怖い存在だと感じていました。

そのため、続けたかったことややりたかったことを
父親の一言で放棄してしまうような性格をしていました。

 

そんな環境で育ったため、
自分の本心を捨てて、なんとなく毎日を過ごすような学生時代
を送りました。

社会人になってからは、希望の職業とは全く違いましたが、
運良く京◯ラコミュニケーションシステム株式会社という会社に入ることができ、
パソコンを使ったシステム系の監視・監督業務に配属されました。

会社は大好きでした。

毎朝の朝礼では、理念や行動指針を社員全員で大声で唱え、
最近あったエピソードを、社員が順番に話すような朝礼、
そしてグループに分かれて、今日の仕事の予定を報告する。

定期的に他県の社員との交流もあり、
車座になって、議論をしたりケーススタディを解いたり、
発表をする場があったのも、とても素晴らしい仕組みだったことを覚えています。

組織で働く毎日は、とても楽しかったです。

ただ、仕事(業務)には全く興味がありませんでした。

興味のあった仕事は、25歳になっても変わらなかったため、
ついに退職を決断しました。

 

デザイナーを目指すには、25歳という年齢は遅いとわかっていました。

ですが、当時の私にとっては、
やりたいことを始めることの方が重要だったため、退職する道を選びました。

実は、その道を選んだ理由は、20歳の頃の決断に遡ります。

やりたいことを始めることが、人生にとってどれほど重要なことか。

「そのことを証明したい!」

これが20歳の頃の僕の想いです。

その他に、人生の80年(死ぬまで)の計画を立てましたが、
この想いだけは、飛び抜けて強かったです。

そして、それを伝えられるようになって、
私のように、親の意見や周りの意見に振り回されてしまう子どもを
一人でも減らせるような社会を作りたい。

私がなりたいのはデザイナーだけど、
こんな社会を変えることもデザインの一つだと捉えられるデザイナーになろう!
この想いが25歳になっても変わらなければ、潔く退職しよう。

そう決断したのが20歳の頃の私です。

 

まだまだ伝え足りないことはたくさんあるのですが、
このような想いの元で、デザイナーの道を歩き始めました。

 

ただ、、私が理想としているデザイナーになるためには、
デザイン会社に就職することが目標にはなりませんでした。

そこで、デザインの基礎知識を学んでからは、
内装業(営業業務)や製造の現場仕事に事務仕事、
正社員に派遣社員にアルバイト、そして起業・・・それからはもっと大変。。

それらの経験から、なりたくてもなれない人の立場や、やりたくても始められない人の立場
勇気がなくて一歩が踏み出せない人の立場、
八方を塞がれて、身動きが取れなくなってしまった人の立場まで。

これまで、本当に様々な状況を経験してきたと思っています。

*結婚と子育てだけは、まだ達成できていませんが。。。苦笑

 

このような状況の中で、デザイナーの立場や状況を経験し、
様々なビジネスの現場に携わらせてもらい、
経営者の立場や状況を間近で見て、考え方なども勉強させてもらいました。

もちろん、迷惑をかけたこともありますし、
死にたくなるほど苦しかったこともありますし、
たくさん失敗もしてきました。

こうして、自分が理想としているデザイナーに近づくために動き始めて約15年が経ちます。

 

ただ、それらの経験が今の私を形成し、
とてもシンプルな独自の理論を確立させてくれました。

 

それが、冒頭のブランディング手順です。

 

 

このブランディング手順に則って行動を決めることで、
企業の力は倍以上に成長しますし、デザインも売れるデザインに変わります。

この基本が代々続く組織づくりをすることができれば、
永遠に続く企業づくりも夢ではないと確信しています。

これが私の出したブランディングの答えです。

今は、この手順に則ったコンサルティングやセミナーを始めており、
これからも、経営者の想いを、より良いカタチにするサポート(仕事)が
続けられたら幸せだな。と思っています。

そしてこれが、サブファイ ブランディング パートナーの名前の由来でもあります。

 

そして、、

このメソッドによって、素敵な企業がたくさん育ち、
将来の子どもたちのための、より良い社会環境づくりに
私自身が携われることを心から願っています。

 

私の人生の目的も目標も、まだ夢半ばですが、一つずつ叶えていきたいと思っています。

 

サブファイ 神田


[補足1]サブファイ ブランディング パートナーの由来

subphyは、私が作った英語の造語です。

substantial

  1. ⦅かたく⦆〖通例名詞の前で〗(数量規模などが)かなりの, 相当な; (満足できる程)十分な; (実際に)重大な, 価値のある
  2. ⦅かたく⦆〖通例名詞の前で〗(大きくて)しっかりとした, 丈夫な, 頑丈な〈建築物家具など〉.
  3. ⦅かたく⦆〈人などが〉裕福な, (資力があり)影響力を持つ.
  4. 名詞の前で〗本質的な, 実質上の
  5. 実体のある, 実在の.

physiognomy

  • C⦅かたく⦆人相, 顔つき, 面相, 顔(→face).
  • U人相学, 観相術.
  • U(土地などの)外形, 地形, 地勢; (事物の)外観.

この2つの英語の頭文字を組み合わせた言葉です。

この言葉に、私の想いでもある「ブランディングをサポートする」を加えたのが今の社名です。

サブファイ ブランディング パートナー

読みにくくて、覚えにくくて、発しにくい言葉ですが、
私の想いがものすごく詰まった
私にとっては、とても偉大な名称です。

一応、、、
名は体を表すとも言いますし、言霊というものもありますから、
社名や言葉は大切だと思っています。

 

ちなみに、勝手なこだわりですが、、、

2012.12.12に、サブファイ(2010.10.20登記)から今の名称に改名しました。

2012年12月12日は、21世紀中に[年、月、日]が最大数で揃う唯一の日なんです。バカ親^^;


また別の機会に、ロゴについてもご紹介させてもらいたいと思います。

One thought on “ブランディングの本質と私の仕事”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA