組織運営において一番大事なことを『見える化』する

企業にとって大事なもの(ブランドを作る上でも最も大事なもの)は、『企業の目的を達成するための熱意』『それを達成するための行動力』です。それを、社員やスタッフの方々にも意図的に理解していただくことで、より良い企業経営が続けられます。

  • 誰のために何をしている企業か?
  • 企業として何を達成しようとしているか?
  • そのために、企業は何を続けるのか?

これらの意識を持ったスタッフが増えれば、もっと強固な組織運営ができるようになります。そのために必要なものが理念や社是社訓、行動指針などです。創業者の想いや経営者の熱意を社内に広めるためには、クレド(CREDO)を用いて、カードや小冊子などにすることで、常に社員に持ってもらって、仕事で躓いた時に参考にできるものだと、より良い組織運営ができると思います。

サブファイでも、企業ブランディングのためのクレド制作に、携わらせていただく場合もあります。


サブファイのクレド制作について

サブファイのクレド制作では、現在、企業で抱える問題を解決するための内容をまとめ、社員の方に覚えてもらいたいことや、社員の方になっていただきたい理想の姿を、経営者さまと一緒に考えて提供させていただいています。

以下は、とあるユニフォーム屋さんの事例です。こちらの企業では、以前は行動指針というものだけでスタッフの方々へ企業イメージを伝えておられました。

経営者としては、納得のいく言葉を提唱していたようなのですが、全スタッフのモチベーションや具体的な行動に落とし込まれていないために、アルバイトやパートの方々に理解していただけない。ということがお悩みでした。そこで、隔週で3度に及ぶアンケートを通じて、企業側の想いと実際の行動の溝を埋める作業を実行しました。それにより得られた情報を元に、以下のようなクレドを完成させることができました。

以前は行動指針だけだった文章に変わり、具体的な行動をわかりやすく明記した内容を加えたことで、企業としての行動をスタッフ全員で共有することができたようです。


企業の在り方を示す

企業の在り方をスタッフに示すことは、目的意識を持ったスタッフが育ち、企業と同じ方向を向いて行動できるスタッフが増えることになります。企業ブランディングにおいて、全スタッフが同じ方向を向いて行動することは重要です。

考え方や行動がバラバラになってしまう理由は、『企業にとっての取捨選択』『企業がターゲットとしているお客様の取捨選択』ができていないために起きてしまう現象です。そのために日頃から持ち歩くことができる企業の基準を伝え続けることが、組織運営には重要です。

ぜひあなたの企業ブランディングにも、CREDO(信条を書いたカード)を取り入れてみませんか?

サブファイが誠心誠意ご対応させていただきます。


中小零細企業により良いデザインを

こちらのサービスでもご利用いただくことができます。

[新サービス]デザインスタジオ


企業のブランド力を高めるために、目的に沿ったデザイン思考の活用もございます。ご用命の際は、以下のフォームへご記入の上お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です